農業の将来を支えるJAを学びましょう

JA(農協)とは

農家のみなさんが生産された農畜産物の販売や、農業生産に必要な資材の供給、農家のみなさんの生活に必要な商品の供給を行う経済事業(販売・購買)を兵庫県下JA とともに行っています。

【販売事業】

組合員・農家が生産する農畜産物を共同して販売することによって農家の手取り収入を高め、安定した所得を確保する事業です。

JA の販売事業とは、組合員・農家が生産した農畜産物(米・麦・野菜・果実・牛・豚・鶏・卵など)をJA が集荷して共同で販売する事業で、より高い農業収入をあげることを目的にしています。農業者が作ったものをどう有利に販売するかは、農業者の所得を高めることになるため、JA のもっとも重要な仕事です。農業者にとって大切な農産物の価格は、主に卸売市場での需要と供給の関係によって決まります。JA では販売活動の過程で、需給調整や付加価値の向上のために、生産物を一定期間貯蔵・保管したり加工する場合もありますが、これらの貯蔵・加工の諸事業も販売事業に含めるのが一般的です。しかし、農産物は季節的生産物であり、貯蔵のきかないものも多く、また、最近は外国からの農産物の輸入量の増加など、供給量の調節が困難になってきているため、価格は常に変動し不安定になりがちです。この不安定な農産物価格を安定させ、消費者ニーズに沿った、計画的な生産・出荷をすることで、農家にとって有利な販売を実現しようとするのが、JA の販売事業です。

<a

詳しい内容はお問い合わせください。